So-net無料ブログ作成

タミヤ アウディ クワトロ [アウディー クワトロ タミヤ]

完成しました。タミヤ アウディークワトロ ロードカー4駆のパイオニアです。4輪駆動は70年代まで悪路を走破するジープなどのためにあるというものだったのですが、高速性能・コーナリングの安定のために開発されたのは、このクワトロが初めてです。直列5気筒2144ccにターボを搭載しています。ひと昔前の欧州車独特の無骨で角ばったデザインがとってもかっこいい。昔、ブリジストンレグノのCMでブラックとシルバーのクワトロが走って バックに流れるのはアランパーソンズプロジェクトのタイム 最後の決め言葉は「ディープだ」くー ものすごくかっこいいCMでした。
 作例をネットサーフィンしていたらnanapapaさんの赤のクワトロがとても気に入ってしまって、すいませんが真似っこさせてもらいました。(#^^#)。今回も製作記と完成写真を多く載せましたのでぜひ見てくださいね。

H28.10.17.A-(010).jpg

H28.10.17.A-(013).jpg

最終更新 2016.10.14








現在は当然絶版のクワトロ ヤフオクで1300円で手に入れました。写真では、箱はボロボロだったのですが、デカールがここまでひどいのは分かりませんでした(-"-)。絶版品の場合はメーカーのアフターは当然ありませんので注意が必要です(-"-)。

H28.09.24.A-(001).jpg

まぜはパーツの紹介から。

A、Bパーツです。Aパーツがクリアパーツなんて珍しい とてもきれいなクリアーです。古いモデル(恩田原)なので金型の傷みは無くモールドもシャープです。一応上げ底ですがエンジンありです。
楽しみです。
H28.09.24.A-(002).jpg

C、Dパーツです
メッキパーツはギラギラ感がなく良い感じ、ホイールもこのままいけます。

H28.09.24.A-(003).jpg

ボディーです。とてもシャープなラインが特徴のモデルです。ボンネットは後で切り離すタイプです。

H28.09.24.A-(004).jpg
H28.09.24.A-(005).jpg

シャーシとタイヤ、デカールです。デカール死んでます ここまで酷いデカールは初めてです。
でも何とか復活させたいなー(´・ω・`)

H28.09.24.A-(006).jpg

まずは、ボンネットをエッチングソーで切り離します。
H28.09.24.A-(007).jpg

でもって、別パーツのフロントマスクと合わせてみると、こ、こんなに隙間が空くじゃないかー( ;∀;)。

H28.09.24.A-(008).jpg

これはいけません。プラ板の0.5mmをボディー側に貼り付け隙間を埋めます。裏からタミヤセメントでしっかりと、表は黒瞬接で付けます。黒瞬接だけだと強度が無いのですぐ外れますので。
H28.09.24.A-(009).jpg

表面をやすって合わせてみます。んーいい感じじゃないでしょうか
H28.09.24.A-(014).jpg

ドアノブはとってもいい感じのモールドなのですが、研ぎ出しの邪魔になるので取ってしまいます。
H28.09.24.A-(012).jpg

いつものように「お湯まる」で型をとって

H28.09.24.A-(011).jpg

失敗を考慮して大量に作ります。タミヤのエポキシパテです。

H28.09.24.A-(013).jpg

まあ、いい感じじゃないでしょうか

H28.09.24.A-(015).jpg

うまく出来たのを確認してから、削り取ります。デザインナイフと窪んだ所はリューターで

H28.09.24.A-(016).jpg

車高チェック さすがタミヤ ばっちりです(^^♪

H28.09.24.A-(017).jpg

今週はここまで またよろしくお願いします。

しんちゃんにGT-Rプレゼントしました タミヤのケースに入れて。たいそう喜んでくれました 仕事がんばるんだよ しんちゃん。

H28.09.24.A-(010).jpg

10/1 めっきり涼しくなりましたね。でもまた台風が来るじゃないかー(´・ω・`)

ホワイトサフを吹きました。

H28.09.24.A-(022).jpg

色はシャインレッドです。これもnanapapaさんと一緒にしました(#^^#)。クレオスMrカラーのレッドと名の付くもののなかでは最もオレンジに近いのではないでしょうか?カクカクのボディーに派手な色も粋だと思います。

H28.09.24.A-(025).jpg

さてこのデカールが問題(´・ω・`) 汚れたニスの部分を切り取れば使えると思いました。リキッドデカールを多めに塗って保護して、うまく切り取って、いざ水につけるといつまでたっても台紙から離れない・・・。剥がそうとするとバラバラになってしまいました(´・ω・`)

H28.09.24.A-(023).jpg

しょうがないので自作します。久々の自作です。ミラクルデカールクリアーです。
1)ミラクルデカールにインクジェット用のスプレーを3~4往復程度軽くふきます。
  これを吹くことでくっきり印刷できるそうです。

H28.09.24.A-(027).jpg

2)そしてEXELでアウディーマークを作って高品質モードで印刷します。失敗を考えて多めに作ります。

H28.09.24.A-(026).jpg

3)その上からラッカークリアーを吹いて保護します。タミヤのクリアーラッカーが良いですよ。
  これは乾燥が早いです。乾燥が遅いと乾く間にインクがにじんできます。タミヤのスプレーはいまいちだけど、この場面では活躍してくれます。

H28.09.24.A-(028).jpg

乾いたら水につけて通常のデカールのように貼ります。ただし、分厚いです(´・ω・`)
この分厚さがなければいいんですけどねー サイドのラインはジャンクのデカールを細切にして貼りました。

H28.09.24.A-(029).jpg

テールのAUDIは使えました。QUATTOROが使えなかったので、これも自作です。このフォントがないので、説明書の文字をスキャンして作りました。

H28.09.24.A-(030).jpg

ヘッドライトです。ライトがハウジングにはめこみ式になっていて、ライトには爪が、ハウジングには穴が空いています(´・ω・`)。これはいけません。(サイドマーカーはタミヤエナメルクリアーオレンジで塗装)

H28.09.24.A-(018).jpg
H28.09.24.A-(019).jpg

穴をプラ版で蓋をして、エナメルのクロームシルバー(ペイントマーカー出し)を塗りました。周りもエナメルのセミグロスブラックで塗りました。

H28.10.01.A-(001).jpg

今週はここまで。ちなみに、クレオスのセミグロスブラックとタミヤのセミグロスブラックはつやが違います。タミヤはつやがありますので、クレオスのタッチアップなどする際は、つや消しとセミグロスを半々に混ぜたエナメル塗料を使います。

10/7 今週はほとんど進んでいませんが更新します。

フロントグリルのアウディーマーク これは輝いていませんとね(´・ω・`)。

H28.10.07.A-(006).jpg

筆でエナメルのクロームシルバーを塗ろうかと思ったけど、ハセガワのミラーフィニッシュを貼りました。
 ミラーフィニッシュを貼って、丁寧に綿棒で密着させます。そして、デザインナイフの刃を新品に変えて、老眼鏡にルーペをつけて慎重に切り取ります。出来はまあまあかな 塗装より輝いていいよね(^^♪

H28.10.07.A-(007).jpg

シート裏が空洞でしたので、プラ版をタミヤセメントで貼りました。

H28.10.07.A-(003).jpg

シャーシ裏ですね、モータライズでないのでいい感じです。簡単に塗装しました。

H28.10.07.A-(009).jpg

インパネです。メーターはつまようじの先に塗料をつけて塗りました。オーディオとか、日本車のようにキラキラしていないと思ったので、つや消しブラックで塗りました。

H28.10.07.A-(011).jpg

シャーシができました。シートはスミ入れをして立体感を持たせました。

H28.10.07.A-(013).jpg

エンジンルームです。底上げでパーツ数も少ないですが、エナメル塗料を筆塗でいろんな色を散らして華やかにしてみました。

H28.10.07.A-(014).jpg

ボディーはウレタンクリアーから研ぎ出しも終わっています。今回は24時間後に研ぎだしてみました。バフレックスのグレー、ラプロス#6000#8000 タミヤフィルム、タミヤコンパウンド赤青白、ハセガワセラミックです。24時間後では完全硬化でないので前段階の傷を消すのが容易に感じました。結果、いつもよりピカピカの鏡面になりました。

マスキングして窓枠の塗装です。セミグロスブラックです。

H28.10.07.A-(004).jpg

はみ出しもなくよくできました。

H28.10.07.A-(005).jpg

来週はおそらく完成です。ではでは。

10/14 本日完成しました。天気も良かったので屋外で撮影です。

80年代の角ばったデザインがいいね。ドイツ車つて感じがします。

タミヤ アウディークワトロ

今回は鏡面仕上げがうまくいきました。ウレタンクリアーを気持ち多めに吹き、24時間研ぎ出ししました。つやつやです(^^♪

タミヤ アウディークワトロ


ヤフオクで入手しましたがサイドのアウディーマークは使えませんでしたので、ミラクルデカールで自作しました。まあうまくいきました。

タミヤ アウディークワトロ


ウインドウは、さすがタミヤだけあって透明度はよかったですが、ハセガワセラミックコンパウンドで磨きました。

タミヤ アウディークワトロ

かっこいいね。フェラーリやランボはマイカーにしたいと思わないけど、クワトロは実用的でいいね。

タミヤ アウディークワトロ


フロントグリルのアウディーマークはハセガワのミラーフィニッシュを貼って切り出しました。塗装ではここまでキラキラならないからね。

タミヤ アウディークワトロ


リアビューもドイツ車的で素敵!(^^)!

タミヤ アウディークワトロ


ウインドウがクリアーなので室内がよく見えます。

タミヤ アウディークワトロ


エンジンはパーツ数が少ない上げ底なのですが、それなりのリアリティーがあります。

タミヤ アウディークワトロ


さすがタミヤ かなり古いモデルですがとても作りやすかったです。
次は何をつくろうかな。

















































nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 6

コメント 2

らしゅえいむ

窓枠は
気になると、気になりますね。
by らしゅえいむ (2016-10-07 23:26) 

たっくん

そうですね。窓枠はシャープでないと目立ちますもんね。気をつけています。

by たっくん (2016-10-08 06:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0