So-net無料ブログ作成

タミヤ ベネトンB192 [F1 ベネトンB192]

完成しました。タミヤ ベネトンB192 1992年のF1マシンです。フロントウイングの空力特性を向上させるための吊り下げ型が特徴ですね イエローでもあるのでバナナノーズとも呼ばれてましたね。僕は豚の鼻ぽい感じがしたけどね(^^♪。F1もフジテレビが放送しだした爆発的ブームも落ち着いて、僕も一生懸命テレビを見るというわけでもなく、レース結果を見る程度になっていました。現在のF1はマシンの性能差がありすぎてつまんないですよ メルセデスばっかり勝って・・ その点、この時代はマシンの差はあったけど、ドライバーの腕が発揮されて競う良いころでした。シューマッハは本当に腕がありましたもんね。そんなこんなで懐かしみながら作ります。3年ぐらい前に買いましたが、現在は絶版みたいですね(´・ω・`)F1モデルがどんどん絶版になっていくのでさみしい限りです。いつものように製作記と完成写真を多く載せましたのでぜひ見てくださいね。

タミヤ ベネトンB192
タミヤ ベネトンB192



最終更新 : 2017.03.26





いつものようにパーツの紹介から。
ボディーとAパーツです。リアウイングは低翼と一体になっています いつも垂直翼と上翼、低翼を接着するのに垂直だしとか難儀するんですが、この点は良いですね。塗装はしにくそうだけどね。

H29.02.18.A-(002).jpg

Bパーツ、Cパーツです。
タミヤF1のいつものパーツ構成といった感じです。これだけのパーツでいつも素晴らしい再現度で感心してしまいます。

H29.02.18.A-(004).jpg

デカール、タイヤなどです。いつものごとくタバコ問題に該当のモデルなので、タブデザインのデカールを買いました。このころになると初版でタバコデカールは入ってないですもんね。

H29.02.18.A-(005).jpg

仮組してみました。カウルの閉まり具合は良いみたいです。いつもカウルが若干歪んでいてどこか浮いてしまうので自作のダボとかで閉まるようにしてやらなければならないんですけど。

H29.02.18.A-(006).jpg

ウイングを吊り下げるパーツとノーズを接着して合わせ目を黒瞬接で消します。

H29.02.18.A-(008).jpg

キズは殆どないんだけど、いつものようにグレーサフを缶で吹きます。

H29.02.18.A-(009).jpg

つづいてホワイトサフを吹きます。この前買った0.3mmのエアーブラシで吹いたんだけど、まだ慣れていないせいか、吹き付け面積が狭くて斑を消していくのに時間がかかりました。0.5mmがあったほうがいいのかな。買っちゃおうかな(´・ω・`)

H29.02.18.A-(010).jpg

今週はここまで、また来週お願いします。
息子が来週大学受験です。がんばれ!

2/25 寒い日が続きます。皆様いかがお過ごしでしょうか?今週はボディー塗装の一週間でした。

キャメルイエローを作ります。クレオスのキアライエローに色の素の赤を少々

H29.02.18.A-(011).jpg

ジャーン買っちゃいました。クレオス0.5mmダブルアクション(#^^#)。やはり、1/24カーモデルにはこれです(僕的には)ボディー塗装が0.3mmより早く終わります。ここ1か月で2本も買って、とんだ贅沢をしてしまいました。でもいいよね?酒もタバコもパチンコも何にもしないプラモデルが唯一の趣味のサラリーマンなんだから・・。

H29.02.25.B-(001).jpg

イエローを吹きました。
0.5mmでもダブルアクションなので塗料の量を調節できるので、必要なところに必要なだけ吹けます。塗料も少なくて済みます。

H29.02.18.A-(012).jpg

今度はマスキングしてグリーンを吹きます。クレオスのデイトナグリーンに色の素の黄をかなり入れたんだけど、まだ足りなかったか!かなり緑っぽくなってしまいました。黄色に色の素の青を入れていけばよかったかな・・(´・ω・`)。

H29.02.18.A-(013).jpg
H29.02.18.A-(014).jpg

デカールのシルバリング防止はとにかく表面を平滑にすること。ガイアークリアーを吹いて、バフレックスグレー、ラプロス#6000、#8000、タミヤコンパウンド赤で研ぎ出し。

H29.02.25.A-(001).jpg
H29.02.25.A-(002).jpg

デカールを貼り終えました。5時間はかかりました(*´Д`)。いつものごとくですが、タミヤのデカールは超軟弱です。マークセッターでも溶けました(*´Д`)。要注意ですよ。
 インダクションポッドのラクダの貼る位置を間違えてしまいました!正しくはCAMELの下でなくインダクションポッドの頂点付近。フロントウイングとかがそんな配置なんで思い込んでしまいました。数日してから気づいたので、もう手遅れ・・水に漬けこんで取ろうかと思いましたが、まあいいか的な感じで・・(#^^#)。

H29.02.25.A-(003).jpg

ウレタンクリアーを吹きました。いつものフィニッシャーズGP1です。これも0.5mmハンドピースで問題なく吹けました。これでプロスプレーに戻ることは無くなったね。ウレタンクリアーの後は掃除を入念に、ツールクリーナーを使って、ニードルは抜いて拭いて・・

H29.02.25.A-(005).jpg

いい感じに吹けました。

H29.02.25.A-(008).jpg


乾燥です。いつもの山善食器乾燥機です。以前にも紹介しましたが、これは素晴らしく良いものです。模型の乾燥にもってこいです。中はほのかに暖かい程度。40℃あるかないかぐらい?ヨドバシのレビューを見ても。模型乾燥用に買っている人がほとんどの良品です。

H29.02.25.A-(006).jpg

H29.02.25.A-(007).jpg

24h後に研ぎ出しの予定です。最近は24h後の研ぎ出しです。土曜日に吹いて日曜日に研ぎだすパターンです。それではまた来週お願いします。

3/11 一週飛ばしてしまいました。すいませんm(__)m 公私ともに忙しく・・・。近々両親と同居するので家を改築しています。以前もお話ししましたが、母はALSという病気です。
この病気は多くの場合が体が動かなくなるのが先なのですが、母は口からくるものです。 かなり進んでいて今は言葉がしゃべれず、口から食事ができません 体は動き自分で歩けます でもやせ細って可哀そうなのです・・ こんな治療法も無いわけのわからない病気で死ぬのは本人も家族も納得がいきません・・・・・・・・・(´;ω;`)ウゥゥ。

初めての試み サスペンションのディテールアップ。
スプリングがモールドされていますが、
H29.03.11.A-(002).jpg

分割して、中心に1mm丸棒を入れます。
H29.03.11.A-(003).jpg

スプリングは0.5mm真鋳線を適当な太さのものに巻き付けて作ります。
この後、エッチングプライマーを吹きいたあと塗料を吹きます。

H29.03.11.A-(004).jpg

シャーシのマフラー分割部の塗装。マスキングしてエアブラシで吹きました。

H29.03.11.A-(006).jpg
H29.03.11.A-(007).jpg

お次はマフラー。一体に接着してヤスリ後をサフで消します。
H29.03.11.A-(005).jpg

その後、クリアーを吹いて、説明書通り、シルバーとゴールドを50:50に混ぜたものを吹きます。
H29.03.11.A-(008).jpg

見えにくいかもしれませんが、クリアーオレンジ吹き。
H29.03.11.A-(009).jpg

クリアーブルー吹き。
H29.03.11.A-(012).jpg

シャーシの防熱板をメタルックで再現。まずはマスキングテープで型どり。
型どりしたものをメタルックに貼って切り出しです。とにかくメタルックは薄くて破れやすいので、丁寧にマスキングテープから剥がします。
H29.03.11.A-(010).jpg

出来上がり
H29.03.11.A-(011).jpg

お次は、カーボン調塗装 風呂のあかとりにパンストを付けます。かなり引っ張ってつけたほうが良いです。パンストで塗装すると斜線模様になります。仕上がりの斜線の向きに注意して強く当て、シルバーとブラックを半々に混ぜたものを吹きます。

H29.03.11.A-(013).jpg

できました。
H29.03.11.A-(014).jpg

今回、ボディーのマスキングの際に、3か所も失敗してしまいました。いずれもマスキングテープにデカールが持っていかれたものです。いつもは、マスキングテープを一度カッティングボードや自分のおでこに貼ったりして粘着力を落としてから貼るのですが、今回はそれを忘れていました(*´Д`)。
マスキングテープから超慎重に剥がして、水性のクリアーで貼り、上からまた水性クリアーを筆塗します。いやー模型作りは気を付けなければならないことが多すぎて、つい忘れてしまします。一度、注意点を箇条書きに書き出そうかしら(´・ω・`)。

H29.03.11.A-(015).jpg

じゃーん とりあえずエンジン完成です。サスペンションがいい感じです(^^♪。それとプラグコードなどバイピングしました。シャーシに乗っけたら、ラジエターとかともバイピングするつもり(^^♪。

H29.03.11.A-(016).jpg
H29.03.11.A-(017).jpg

ではでは。

3/19 だんだん暖かくなってきました。皆様いかがお過ごしでしょうか? さて、今週はかなり進みましたが、完成まではあと一歩。


シートですが、いつものようにタミヤのシートベルトセットを使うので、モールドをリューターや紙ヤスリで取ります。これが結構大変な作業です。凹部をやするので・・(*´Д`)

H29.03.19.A-(001).jpg

ヤスリだけではうまく整えられないので、タミヤポリパテを塗ります。2時間もすれば固まるので再度ヤスリを掛けますが、このポリパテは粒子が非常に細かいので周囲に飛散します。マスクは必須ですよ。

H29.03.19.A-(002).jpg

そんなこんなでシートの出来上がり(^^♪。サテンリボンとタミヤのシートベルトセットはケチケチ作戦で1/3だけ使用。

H29.03.19.A-(004).jpg

コックピットができました。

H29.03.19.A-(008).jpg

いつものようにタイヤのマークは塗装です。Mrプロから0.3ドロップ式ハンドピースに変えたので、ミストの細かさが歴然なのがここで分かりますね。こんなにきれいにできたのは初めてです(^^♪

H29.03.19.A-(003).jpg

今回は、パイピングにも少し時間をかけてみました。実車はどうなっているかわからないけど雰囲気だけでもね・・

H29.03.19.A-(005).jpg
H29.03.19.A-(007).jpg

フロントサスペンション

H29.03.19.A-(009).jpg

F1はタイヤがないと本当に戦闘機みたいですね。かっこいいです。

H29.03.19.A-(011).jpg

ようやくここまで来ました。あとはタイヤを付けるだけなのですが、また次回にさせてください。
なかなかよくできたと思います。
今回初めてWAVEの低白化瞬間接着剤を使ってみました。これは素晴らしくいいものです。ほとんど白化しませんので、今まで仕上がり部品の接着をエポキシネリネリめんどくさかったのが、これで済みます。いやー道具は大事ですね。

H29.03.19.A-(012).jpg

今週はここまで 今から福岡アクロスである模型展示会を見に行きまーす。楽しみー(^^♪

3/26 いい天気が続きます。昨日は両親が我が家に引っ越してきました。なんか落ち着かない(´・ω・`)。

いいものを買いました。小さな自在三脚(^^♪ 部屋で撮影するときシャッタースピードが以上に遅くなりますよね 絞りを大きくとってボケを防いだりすると1/3とか・・手持ちじゃブレルので三脚を使うんだけど、普通の三脚ではベストのアングルにもっていくのが大変でした。結局脚が浮いてブレてしまうなんてことも多々・・。
これアマゾンで2000円ぐらいだったんですが、いいです。カメラをつけて机の端に固定します。好きな角度に動き、真ん中のハンドルを閉めると固まります。これとカメラのタイマーでシャッタースピード1/2とかでもブレ無し!!

DSCF6412.jpg

ちなみにこれは模型撮影用のカメラ。リコーGX100 3年ほど前にヤフオクで9000円で買いました。いろんな機能がついていて便利です。特にオートブラケットとか。でも10年ほど前のものなのでお金があれば、最新式のカメラが欲しいなあ(´・ω・`)。

DSCF6413.jpg

てな感じで、部屋撮りでシャッタースピード1/2~1/6なんて写真をどうぞ。

タミヤ ベネトンB192

やっぱかっこいいよねーB192

タミヤ ベネトンB192

タイヤのGOODYEARの塗装がバッチリ決まりました。

タミヤ ベネトンB192

タミヤ ベネトンB192

このころはバブル絶頂期で、日本のスポンサーが多いです。サンヨー、サーキット場のオートポリス、有線440・・

タミヤ ベネトンB192
タミヤ ベネトンB192
タミヤ ベネトンB192

コックピットもまあまあいい感じ

タミヤ ベネトンB192

いろいろパイピングしてみたけど配置がいまいちだったかなー。
サスのスプリングを真鋳線に変えたのはいい感じ。
タミヤ ベネトンB192
タミヤ ベネトンB192
タミヤ ベネトンB192
タミヤ ベネトンB192

次は何を作ろうかしらん。





































nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 2

かず。

研ぎ出しがいらないくらいいい艶が出てますね。

僕も先月0.5を買いました(笑)レボ2を買った時に0.2がセットで付いてきたんですがさすがに限界を感じ同じタミヤの0.5を買いましたよ。最近ではレボ2に疑問を感じてきています(笑)
by かず。 (2017-03-04 17:47) 

たっくん

かずさん。お久しぶりです。やっぱりカーモデルに0.5は必要ですよね。でも細かいパーツとかマスキング最小限とか0.3がいいんですね。おカネがゆるせば0.2もどんなものか買ってみたいな。ウレタンクリアーは特に感動的に艶があるとは思いません。ガイアのクリアーと同程度だと思います。でもデカールを侵さないのと経年劣化がほぼないのはいいですね。僕はクレオスl7です でもエアブラシをプロスプレーからドロップ式に代えたら大きな圧力は要らないことに気づきました。またコメントお願いいたします。
by たっくん (2017-03-06 14:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0