So-net無料ブログ作成

アリイ 日野コンテッサ1300 1/32 [ヒノ コンテッサ1300 アリイ1/32]

やっと完成です。アリイ1/32オーナーズシリーズ 日野コンテッサ1300!今では日本を代表するトラックメーカーの日野自動車ですが、昔はこんな綺麗な乗用車を作っていました。とても美しいボディーのデザインはミケロッティー 初代スカイラインスポーツやBMW2002などとても華麗な車のデザイナーです。エンジンをリアに納めたRRタイプなのでリアが長ーいのが特徴です。もとはLSのこのモデルはボディーのモールドはシャープでとても良いです。徒然モデラーさんの力作には到底かなわないですが、好きな車なので、頑張って作りましたよ。今回も製作記と完成写真を多く載せていますのでぜひ見てくださいね。

アリイ 日野コンテッサ1300 1/32

アリイ 日野コンテッサ1300 1/32

最終更新 2016.08.13


製作記と完成写真はこちら


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

タミヤ ブラバムBT-46 [F1 ブラバムBT46 タミヤ]

完成しました。タミヤ1/20グランプリシリーズ ブラバムBT-46 とても変わった形のフォーミュラーカーです。サイドポンツーンが無く三角形の断面をしています 通常そこにあるはずのラジエターは何とフロントウイング内にあります。しかし冷却効果がいまいちだったのか、後にファンカーと呼ばれるエンジン後部に扇風機のようなファンをつけたBT-46Bが誕生します 46Bはフジミの最新のラインアップに含まれていますね。
 このモデルはタミヤの第2期F1モデルとでもいいますかね。第1期は312T、P34などモータライズモデル これはモータライズでは無くスケールモデルで、きめ細かい部品構成は目を見張るものがあり、とても魅力的です。当時、「なーんだ動かいないのか・・」と子供達をがっかりさせる以上に魅力的なモデルを作ろうとしたタミヤの渾身のモデルと思います。実際35年近く前のモデルなので金型もかなりくたびれて荒れていますが、丁寧に作ったつもりですよ。いつも通り製作記と完成写真を多く載せていますので、ぜひみてくださいね。

タミヤ ブラバムBT-46
タミヤ ブラバムBT-46
タミヤ ブラバムBT-46


最終更新 2016年 7月17日


製作記と完成写真はこちらから


nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アオシマ カウンタック LP400 [ランボルギーニカウンタックLP400 アオ]

完成しました カウンタックLP400!!ザ・キングオブスーパーカーですな。
以前から買うのは買っていたんですが、とっても大好きな車なので、ある程度腕が上がってから作ろうと思っていました。しかし、先日ユーチューブで北澤先生の「大人のプラモ道」で まさにアオシマカウンタックLP400の製作動画を見つけました。とても丁寧なわかりやすい説明で、少し自信が付きましたので「よし、やってやろう!」という気になりました。
 カウンタックは、2年程前にフジミのLP500Rを作りましたが、LP400は何十年ぶりだろう?小学生の時に、それこそアオシマの1/20スーパーカーシリーズで作ったっきりでしょう(約40年前?)そのころは1/20が主流で、ありとあらゆるスーパーカーのプラモデルがあったとても良い時代でした。モーターで動くし、ドアもエンジンフードも開くギミックに夢中でありましたね。しかし、スーパーカーブームも去り、しばらくしてガンダムブームがやってきて僕はガンプラに夢中になったのでした。
 話が反れましたが、このアオシマカウンタックは2012年デビュー それまでフジミカウンタックが決定版だったのですが、デビューが30年近く前なので、まさに30年ぶりのカウンタック祭りですね。うれしいです 今回はいつもより丁寧に作りたいな もちろんヘッドライト、ドア、エンジンフードもオープンにしてね 今回も製作記と完成写真を多く載せましたのでぜひ見てくださいね。

アオシマ カウンタック LP400アオシマ カウンタック LP400アオシマ カウンタック LP400


最終更新 : 2016.06.04



製作記と完成写真はこちら


nice!(11)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アオシマ レパード F31 [ニッサン レパードF31 アオシマ]

完成しました。アオシマ レパードF31型 これも80年代を代表する名車だと思います。
 80年代はこんな箱型のカクカクした直線基調の車が流行ったんですね インパネもカクカクで定規で引いたような感じで丸っこいものはハンドルしかないような。
 ドラマ「あぶない刑事」の劇中車であったことはあまりにも有名。この前期タイプは2009年新金型の最新モデルです 後期型は以前からあったそうな・・逆じゃない?(´・ω・`) 新金型はボディーと内装だけであってシャーシは共通です。少ない部品でパーツのフィッティングも良いので初心者の方にもおすすめの一台です ボディー塗装済みモデルもありますよ。いつものように製作記と完成写真を載せましたのでぜひ見てくださいね。

アオシマ レパード F31アオシマ レパード F31


最終更新 : 2016.05.07




製作記と完成写真はこちらから


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

タミヤ ニッサン R390 [ニッサン R390 タミヤ]

完成しました。タミヤ ニッサンR390 前回BMWのエンスージアストという大変なモデルでしたので、今回は簡単なモデルを・・とストックを物色しましたが、結局、部品数はそこそこあってもタミヤのモデルは悩まずに説明書通りに組んでいけば良いのでこれを選びました。
 1997年のルマン 僕はワクワクしてテレビ中継を見ていました。そのころはルマンは生中継されていましたね さすがに24時間ではなかったけどね。僕はどちらかというと日産党 迫力のあるカッコいい日産の技術の集大成みたいな いかにも優勝しそうなこのR390を手に汗握り応援したものでした 結果が出なくてがっかりだったのを覚えています。
 デカールのグラディエーション部分を塗装でしようか悩みましたが結局デカールでいくことにしました。今回も製作記と完成写真を多くを載せまていますのでぜひ見てくださいね。

タミヤ ニッサン R390タミヤ ニッサン R390タミヤ ニッサン R390


最終更新 : 2016.04.16

製作記と完成写真はこちらから


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

フジミ BMW アルピナ B7ターボ エンスージアスト [BMW アルピナB7 フジミ]

完成しました。フジミのエンスージアストモデル BMW B7ターボ。いやー大変なモデルでした。パーツの数といったら半端ないです!でも丁寧に作ったつもりです。世界一美しいクーペと呼ばれるBMWの完成までの道のりは長く、でもとても楽しかったです。エンスージアストシリーズはどれも30年前の作品なのですが、細部までの作り込みはものすごく、設計者のコダワリが作っていてひしひしと感じられる作品です。しかし、金型技術が追いついておらず、部品の合いが悪い場合が多いです。よって、どのモデルも仮組必須(*´Д`) 小さな部品をマスキングテープなどで止めながら一つ一つ合いを確認していく作業がウギャーとなりした。
 今回も製作記と完成写真を載せましたのでぜひ見てくださいね。

フジミ BMW アルピナ B7ターボ エンスージアストフジミ BMW アルピナ B7ターボ エンスージアスト


最終更新 : 2016.03.20


製作記と完成写真はこちらから


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

フジミ スープラ A70型 [トヨタ スープラA70 フジミ]

完成しました。フジミ スープラA70型 日本の80年代を代表する名車の一台だと思います。
ちょうど大学生のころ前期型が出ました。流れるような華麗なデザインは当時とても新鮮でした。後期型は前後トレッドが広がってコークボトル型のマッチョな感じになりました これは後期型ですね。
年明けから仕事が忙しいので、手軽に作れそうなものを積みから選びました。
フジミの峠シリーズは比較的安価で購入できるシリーズなのですが、総じて、いわゆるフジミクオリティー満載のモデルが多いのでそれなりの覚悟が必要?バリ、ヒケ多く 透明パーツのキズなど・・まあアリイの1/32シリーズほどではないですが・・。製作中は、なんか黒い塊をいじっているみたいでカッコいいかどうか良く分からなかったんだけど、出来上がってみると、かなりいいね(^^♪。

製作記と完成写真を載せていますのでぜひ見てくださいね。

フジミ スープラ A70型フジミ スープラ A70型

最終更新 : 2016.02.14






製作記と完成写真はこちらから


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アリイ ホンダS600 1/32 [ホンダ S600 アリイ1/32]

完成しました。 アリイホンダS600 。ブログを見ているとこんなに小さなモデルなのになかなか凝った作品が多くて感心してしまいます。僕も主にTZさんの作例を参考にして作りました なかなか良くできたと思います。。もとはLSのモデルでプロポーションはなかなか良いです。が、アリイ1/32モデルに共通のことなのですが、金型の劣化が酷く、それを修理しないメーカーなのでバリはまだしも欠けているパーツもざらです。アリイ1/32を作るには、それらを覚悟の上で寛容な気持ちで作らなければなりません。でも最近はこれらモデルは絶版みたいですね( ;∀;)・・・ いつも通り、製作記と完成写真を載せますのでぜひ見てくださいね。

アリイ ホンダS600 1/32アリイ ホンダS600 1/32


最終更新 : H28.01.10


製作記と完成写真はこちら


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

あけましておめでとうございます。 [その他日常のあれこれ]

皆様新年あけましておめでとうございます。
下は、去年作った作品を載せた年賀状です。これを受け取った人はどう思うでしょうか?
引く?(^^ゞ もちろん会社関係の人には、まじめなのを送りましたよ。

去年の作品のベスト5
一位 : スカイラインジャパン
     ジャパンが好きだったこともあったのと、まあまあ良くできた

二位 : ダッジチャレンジャー
     いつも素組の僕ですが、この時は
     後期型をバニシングポイントの前期型にがんばって改造しました。

三位 : ピアッツア
     初めてウレタンクリアーを使用したメモリアルな作品です。

四位 : クラウンアスリート
     昨今の国産車では一番かっこいいと思います。研ぎ出しもうまくいきました

五位 : ミニクーパー
     タミヤのエンジンありモデルで、独特のフォルムにエンジンルームと居住空間
     の絶妙なバランスに、作りながら感心させられるものでした。
  
今年もカーモデルのみ車のジャンルは問わず
素組を基本に、(気になるところだけ凝って)どんどん作っていきたいと
思います。どうかよろしくお願いいたします。


1.jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

フジミ ロータスヨーロッパ サーキットの狼 [ロータス ヨーロッパ フジミ]

完成しました。フジミのロータスヨーロッパ サーキットの狼バージョンです。いやーやってくれましたねフジミさん!サーキットの狼シリーズでポルシェ、カウンタック、512BBなどを展開してきましたが、ロータスヨーロッパがありませんでした。これが無ければシリーズ展開も?
な感じだったのですが、このたび新金型で出してくれました。スパーカー少年世代としてはうれしい限りです。
今までタミヤのが決定版だったのですが、絶版品ということもあり、購入した方も多いんじゃないでしょうか?かくなる僕もタミヤのを持っていたのですが、TZさんのブログにシビレテ思わず買ってしまいました。
購入後、即作り出すのは何年ぶりだろう?たいがいは山に積んで熟成させてから?作るのですが、こればっかりは早く完成させて眺めてみたかったんですね。
実際作ってみると、さすが最新版ということで、とても組みやすかったです。パーツも少ないのでサクサク作れましたよ。ぜひ皆さんも作ってみられては?
いつものように製作記と完成写真を載せますのでぜひ見てくださいね。

フジミ ロータスヨーロッパ サーキットの狼フジミ ロータスヨーロッパ サーキットの狼

最終更新 2015.12.27



製作記と完成写真はこちらから


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

タミヤ ジョーダン191 1/20 [F1 ジョーダン191 タミヤ]

完成しました。ジョーダン191 1991年デビューからF1参戦のジョーダン・グランプリの最初のマシンです。フジカラーと7upがスポンサーだからでしょうが緑鮮やかなとてもかっこいいですね。今は絶版のようですが、つい最近まで1200円という安価で手に入れられた F1モデル入門モデルといってもいいでしょう。
このマシン ミヒャエルシューマッハがベルギーGPで初めてF1に参戦したことでも有名なのですが、スポンサーの問題か、その際のデカールが抜けています「フロントウイングの大きな「SHOEI」は日本のヘルメット会社、それとサイドの「tictac」は外国のお菓子メーカーです。ヤフオクでこれらのサードパーティーデカールを入手しましたので、使ってみましょう。今回も製作記と完成写真を多く載せていますので、見てくださいね。

タミヤ ジョーダン191 1/20タミヤ ジョーダン191 1/20

最終更新 : 2015年12月6日




製作記と完成写真はこちらから


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

フジミ フェラーリ テスタロサ 512TR [フェラーリ テスタロッサ512TR フジミ]

出来ました。フェラーリテスタロッサ 後期型は512TRと呼ぶそうな。スパーカーブームの頂点カウンタックのライバルであった512BBの後継車種ですね。バブル時代には、街中でそこそこ見ました かっこよかった うらやましかった(-"-)。低くワイドなボディーはまさに地を這うようで、特にリアアングルはぺったんこ。前期型はタミヤが決定版ですが、後期型はフジミしか出していません。後期型はタイヤサイズが1ランクアップの18インチでホイールデザインもかっこいいのでフジミのほうを選びました。少ないパーツで作りやすそうです。エンジン再現もそこそこリアルです。製作記と完成写真も多く載せましたのでぜひ見てくださいね。

フジミ フェラーリ テスタロサ 512TRフジミ フェラーリ テスタロサ 512TRフジミ フェラーリ テスタロサ 512TR

最終更新 : 2015.11.21




製作記と完成写真はこちら


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アオシマ スカイライン ジャパン GT-ES [ニッサン スカイラインジャパン アオシマ]

完成しました。僕の大好きなスカイラインです。昭和52年登場の5代目ジャパン 直線基調のとてもかっこいいHTです。小学校高学年のころ 友達の家が青のジャパンを買って、それがとてもカッコよくてうらやましかったのを覚えています。(うちの車は初代スタンザでした。それはそれでカッコよかったんですが・・・)。
ジャパンは改造車にしている方が多いみたいですが、僕はカタログから抜け出したようなドノーマルにしました。カッコよくできたと思いますよ。今回も製作記と完成写真を多く載せますてますので、ぜひ見てね。

H27.10.31.A-(012).jpgH27.10.31.A-(004).jpgH27.10.31.A-(005).jpg



最新更新 : 2015.10.31

製作記と完成写真はこちらから


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ハセガワ ランチャ 037 ラリー [ランチャ 037ラリー ハセガワ]

完成しました。ハセガワ ランチャ037ラリー 1年ぐらい前に再販されたものを手に入れました。それまではヤフオクでも高値で取引されていましたね。 1982年にストラトスの後継車として開発されたミッドシップリアドライブ車です。他メーカーが4WDに切り替える中、苦戦を強いられますが、熟成を重ね参戦2年目では多数の優勝を飾りました。エンジンはフィアットエンジンをアバルトがチューニングしたもの、ボディーデザインはピニオンファリーナのとても美しい車です。
ネットを見ると、エンジン再現がそこそこ良いので、前後オープンに改造している方が多いですね。僕はクローズにしました。 さすが、ハセガワ!タミヤに勝るとも劣らないクオリティーで、全くストレスなくくみ上げました、そこらへんは、いつものように製作記から御覧ください。
完成写真も多く載せてますよ。

最終更新 : 2015.10.10

ハセガワ ランチャ 037 ラリーハセガワ ランチャ 037 ラリーハセガワ ランチャ 037 ラリー

製作記と完成写真はこちらから


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

アリイ プリンス グロリア 1/32 [プリンス グロリア アリイ1/32]

完成しました。アリイ プリンスグロリア 1/32 昭和37年に登場した名車ですね。このあと日産と合併し、プリンスの商号は無くなってしまうのですが、スカイラインと並ぶプリンスのフラッグシップでしたね。国産初のSOHCエンジン、フラットデッキと呼ばれるモールがボディーを一周するスタイルなど魅力満点です。プラモデルでは1/24は知る限り発売されていません 作り終わってみるとアリイオーナーズシリーズの中でも傑作の部類に入ると思われる一品でしたよ モールドも綺麗で1/24に負けないディテール再現でした。製作記と完成写真も多く載せましたので見てね。

最新更新 2015年9月22日

アリイ プリンス グロリア 1/32アリイ プリンス グロリア 1/32アリイ プリンス グロリア 1/32

製作記はこちら


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車